M&Aのメリット

M&Aとは

M&Aは、Merger(合併)とAcquisition(買収)の略で、企業の合併と買収のことです。
美容サロンでは合併ということはほとんどありませんので、サロン事業のM&Aとはサロンの買収ということになります。

 

 

サロンの買収パターン

サロンを買収する場合、運営会社をそのまま買収する「会社買収」と、サロンの事業のみを買収する「事業譲渡」があります。
会社買収のとき運営会社が株式会社であれば「株式買収」であり、合同会社であれば「持分買収」となります。

 

ちなみに旧商法では、「事業の譲渡」という言葉ではなく「営業の譲渡」という言葉が使われていましたので、今も「営業譲渡」とも言います。「事業譲渡」と同意語となります。

 

またM&Aというと敵対的買収のようなイメージがありますが、サロンを含めて中小企業にこのような敵対的買収はあり得ません。
なぜなら、売り手側のサロンオーナーも「売りたい」という意思から始まっているからです。

 

よってサロンのM&Aは、「お見合い」のようなイメージになり、弊社はその間をとりもつ「仲人」という立場になります。

 

M&Aに際して、買い手「このサロンを買ったならばこのような事業展開が出来るだろう」と考えますし、逆に売り手「安心してこのサロンの運営やスタッフを任せられるだろうか」と考えるわけです。

 

そして買い手は買収のリスクを考慮して買収するかどうかを決断するわけです。
但し、売り手も同様に買い手の信頼性を考慮して譲渡するかどうか決めますので、売り手側が買収を断ることも多々あります。
ですので、両者の関係はあくまで対等なものとなります。

 

 

買い手側のM&Aのメリット

買い手側の最大のメリットは「時間を買える」ということです。

 

つまり、買い手はM&Aにより、新規事業として一からサロンを新しい土地で始めるときの市場調査、不動産探し、内装工事、設備購入、スタッフの採用、広告宣伝といったあらゆる事業のスタート時の時間を買うことになります。

 

同時にこれらの労力、費用をも買うことになります。

 

つまり経営者は、M&Aによって新規事業のリスクを最大限に軽減出来るということになります。

 

またM&Aは時間、労力、費用の軽減だけでなく、シナジー効果(相乗効果)の期待が持てます。

 

新しいサロンを買うことによって元のサロンが持っていた価値までもが上がることが多々あります。
仕入れコストの削減、スタッフ間の移動、顧客の増加、店舗拡大のブランディング効果などがあります。

 

地方のサロンが大都市のサロンを持つことで知名度が上がり、元のサロンまでもが集客の増加につながることはよくあることです。

 

よってサロンのM&Aは単純に買収するサロン店舗のみの利益だけを考えての投資ではないということです。

 

 

売り手側のM&Aのメリット

弊社は、多くの美容サロンの売却をお手伝いしましたが、もっとも多い理由は「別の事業や新規事業を行いたい」というものです。

 

経営に行き詰まって売りたいという方ももちろんいらっしゃいますが、売却を希望されるサロンは赤字店舗だけではありません。

 

むしろ黒字店舗を売却される方の方が多いのが実際のところです。

 

美容サロンの経営者は優秀な方がとても多く、新規事業へのチェレンジ精神が旺盛であると思います。

 

そのとき売り手にとってもM&Aはとても有効な手段です。

 

まず売却利益によりまとまった資金を新規事業などに投入できます。

 

また閉店であればお店をスケルトンにして出ていく必要があり、この原状回復費用を支払う必要がなくなります。

 

また働いてもらっている従業員をそのまま引き継げますので雇用を守ることが出来ますし、オーナーが変わるだけですので、顧客に迷惑をかけるようなことがありません。

 

このように売り手側のオーナーは、M&Aにより資金を得て、新たなステージで活躍出来るのです。

 

 

  経営コンサルティング 登録・お問い合わせ